接客の技術を上げるなら何をお手本にすればいいの?

仕事に必要な技術を伸ばそう

お客さんのしてほしいこと

してほしいこととは

働いている時は、常に周囲をチェックしてください。
するとお客さんがしてほしいことや、足りないことなどを理解できます。
特にゴミが落ちていたら見た目が良くないですし、お客さんに衛生的な不安を与えてしまいます。
ですから、すぐに拾うことを心がけましょう。
さらにこまめに、トイレのチェックに行ってください。

トイレもお客さんから見られる部分ですし、店内が綺麗でもトイレが汚いと、悪い印象を与えます。
汚れていたら掃除をして、トイレットペーパーの補充を済ませてください。
また足が悪い人がいたら付き添い、必要であればイスを用意することも重要です。
そのためお手本となる人を見るのは良いですが、それだけにならないよう気を付けましょう。

相手の立場になって考えよう

お客さんが求めていることを察して、動くことを習慣にしましょう。
適当に動くと、お客さんにとって邪魔になる可能性があります。
有難迷惑とならないよう、お客さんの立場になってしてほしいことを考えてください。
さらに、必ずしもマニュアル通りに接する必要はありません。
いつまでもマニュアル通りだと機械的な接客になりますし、自分で判断できなくなってしまいます。

ですからお客さんが困っていたら、マニュアルから外れていても助けてください。
そのような心遣いが、自身の接客技術を高めることに繋がります。
お手本となる人も、きっとそのように接客しているでしょう。
どうしてもお客さんが何をしてほしいのかわからなかったら、尋ねても構いません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る