接客の技術を上げるなら何をお手本にすればいいの?

仕事に必要な技術を伸ばそう

気軽にアドバイスを聞けるよう

質問できる雰囲気を作る

ずっとお手本となる人を見ていても、なかなか技術を盗めないかもしれません。
自分の接客技術に変化がなかったら、コツを本人に聞くのが手っ取り早いです。
それがコミュニケーションとなり、さらに仲良くなれるでしょう。
仕事をスムーズに進めるためには、スタッフ同士の関係性を良好に保つことが欠かせないので、自分から話しかける意識が重要です。

しかし、話しかけるタイミングを間違えないでください。
自分はやることがなくて暇かもしれませんが、相手は仕事中という時があります。
忙しい時に話しかけると邪魔で、自分の印象が悪くなってしまいます。
ですから話しかけたい時は、相手のタイミングを見極めてください。
そのような、心遣いが大事です。

いざという時に助けてもらえる

周囲のスタッフと仲良くなることで、困った時に助けてもらえるかもしれません。
失敗しそうになっても、フォローしてもらえば大きな失敗にならず、お客さんに迷惑を掛ける心配はないので安心してください。
不安ことがあったら遠慮せず、どんどん周囲を頼ってください。
また自分も、相手から頼られる場合があります。
その時は自分の力を最大限に発揮し、相手をフォローしましょう。

そのように支え合うことで、自然と絆が芽生えます。
こちらが助けてもらってばかりで、相手を助けない姿勢では不信感を抱かれてしまいます。
関係性が悪化する原因になるので、周囲が助けを求めていないか、常に確認してください。
スタッフたちと、協力して仕事に臨みましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る