接客の技術を上げるなら何をお手本にすればいいの?

仕事に必要な技術を伸ばそう

身近な人をお手本にしよう

効率良く学ぶコツ

自分の接客に自信がなかったり、どのように接客すれば良いのかわからなかったりした場合は、お手本となる人物を見つけてください。
そしてその人をお手本にして、技術を盗みましょう。
自分から積極的に学習する意識が重要なので、周りにお手本となる人物がいないかチェックしましょう。
お手本は、複数人でも構いません。

高い技術を持っている人がたくさんいたら、みんなのマネをしましょう。
すると接客する際のポイントや、自分がこれまで間違っていた部分を把握できると思います。
自身の接客技術を高めると、お客さんは喜んでくれます。
またお店や自分を気に入って、何度も利用してくれるかもしれません。
それが、お店全体の売り上げを高めることに繋がります。

丁寧に接客をしている人

お手本とするのにおすすめなのは、ポジティブな発言が多い人です。
ネガティブな発言ばかりだと雰囲気が暗く、笑顔でお客さんに接することができなくなります。
また周囲の雰囲気も暗くすることが考えられ、あまり接客業に向きません。
ポジティブな発言をする人をお手本にして、前向きに仕事に取り組みましょう。

さらにお客さんが誰であっても、同じように接する人は良いお手本になります。
偉い立場の人がお客さんだと態度を露骨に変える人は、他のお客さんから信用されません。
お客さんを差別するのはいけないことなので、相手の立場が何であれ、同じように接することを心がけましょう。
また先輩や同僚だけでなく、後輩にも良い人がいたらお手本にしましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る